損したくない方必見!藤岡市の不動産屋を選ぶためのポイント

住まい探しならお任せ下さい

大家との直接交渉の盲点

男性

今の貸家に住んで15年が経ちました。藤岡市の不動産業者の紹介で、満足いく物件に出会い、今、そこに住んでいます。
藤岡市の不動産で契約手続きをしたわけですが、予想外のことが起きました。普通家屋内に設備として付いている換気扇や温水器など、また、雨どいの設備は大家の責任で管理するのが普通です。経年劣化の場合もそうだと思います。ある日大家から直接5000円値上げすると電話がありました。私と妻は先に書いた藤岡市の不動産業者に相談しました。担当者は言いました。「いまどき値上げをする家主なんかいませんよ。こちらから説得します」と。その点は一件落着だったのですが、ある日電話が大家からありました。値上げをしない代わりにこれから家屋の修理などはあなたの方でやってもらうと。私は何も考えずに了承したのです。
これがまずかったのです。長く住めば、設備は古くなり、ひいては故障となるわけですから、こちらの負担は住めば住むほど増えます。その通りになってしまいました。電気温水器の故障、雨どい受けの腐食、浄化槽の蓋の劣化などです。そのたびのこちらが支払いし修理することになってしまいました。藤岡市の不動産の担当者が言いました。
「まずかったですね。口約束も厳密には契約と同じですからね。持ち家を貸す大家は結構そういう人がいるんですよ。早く出ませんか。いい物件はありますよ」と。この頃早く出たいなと思っているのです。

LATEST RECENT

TOP