つわり ひどい

zつわりがひどい時の対処法について載せています

Home ≫ <個別記事タイトルタグ>

zメニュー

ひどいつわりは自分で対策を試みよう


ひどいつわりは自分で対策を試みよう

生理が来ないなぁという日々が続いていたら、ひどい吐き気が起こって慌てて妊娠検査薬を試してみたら陽性。

赤ちゃんができた事につわりの症状で気づく人もいます。

ひどい吐き気が起きる時期は、妊娠4〜7週間目くらいだと言われています。

赤ちゃんができて、体が今までと何か違うぞと反応しているので、強烈な吐き気が起こると考えられています。

病院に行くのも辛いつわりですが、自分で実行できる対策もたくさんあります。


強烈な吐き気が起きる時間はいつでしょうか。

おそらくほとんどの人が朝起きた時だと答えるでしょう。

つわりは英語で「朝の病気」とも言われていて、胃が空腹だとムカつき感が倍増してしまうのです。

つまり、朝起きた時に空腹にならないように食事を調整すればいいのです。

これが優先順位第一位の対策です。

どのように食事を調整するかというと、夜眠る前に軽食を取ったり、朝、目が覚めたらベッドの中でお菓子やパンなどを食べて胃を満たすのです。

普段なら健康的とは言えない食事の取り方で罪悪感を感じる人もいるかもしれませんが、妊娠中は特別です。

自分で自分の体を労わり、優しくしてあげましょう。


普段の食事でもできる対策があります。

たんぱく質と複合炭水化物を多く取るように心がけるのです。

たんぱく質は、お肉やお魚や大豆などに含まれていて、体や肌や髪を作ってくれる栄養素です。

複合炭水化物は、耳慣れない言葉ですが、要は主食となっている米やパン、うどんなどのことです。

クラッカーやクッキーなど小麦製品でもOKです。

妊娠中なのでいつもより多めに食べましょう。


つわりの大敵は空腹なので、ひどい吐き気が起こらないように間食をまめに取るといった対策も効果的です。

その際は水分もたくさん取るのがおすすめです。

何も食べる気がしない、気持ち悪いという時も、ゼリー状の栄養ドリンクなどでも良いので食べやすいものを少しでも取って下さい。


それでも起きてしまったつわりには、どんな対処ができるのでしょうか。

ブラジャーをゆるめる、腰のベルトをゆるめるなど体を締め付けから解放してあげます。

そして、吐いた後は歯を磨いたり口をゆすいだりして、胃液が口に残らないようします。

口に胃液が残ったままだと、吐き気がまた起こりやすいからです。


ひどい吐き気が起きる事もそのうち無くなります。

妊娠は体に色々な変化が起きて、辛いこともたくさんありますが、旦那さんやお友達に相談したり話を聞いてもらうなどしてストレスを貯めこまないようにして下さいね。



つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、つわり ひどい、

zメニュー


TOPPAGE

Copyright (c) 2015 つわりがひどい時の対処法004 All rights reserved.